個人認証 ID を HID リーダーにかざす人

インクジェット技術はどのようにカードのパーソナライゼーションを小規模組織に展開するか

カードのパーソナライゼーションは長きに渡り世界の大規模組織でカード発行プログラムの基礎となっています。 カードのパーソナライズには、個人写真や個人情報を付加してカスタマイズするだけでなく、さまざまなカード所有者の許可や使用を可能にするテクノロジーカードのエンコーディングも含まれます。

そのため、ID バッジやカードのパーソナライズ機能は、ID バッジやカードを発行する組織にとって大きな価値があります。 どこに価値を見いだせるか? 第一に、1 枚のカードをパーソナライズして、次の機能の 1 つまたはすべてを実行することができます:

  • カード所有者を識別する
  • セキュリティ強化
  • 物理アクセスまたは論理アクセスを有効にする
  • キャッシュレス取引を促進する
  • 金銭的価値を記憶させる
  • ブランドを宣伝する

非常に多くの用途を想定でき、パーソナリゼーションの多くの利点が簡単に分かります。 残念なことに、多くの小規模組織では、コストが高く複雑な従来のリボンベースのカード印刷が今でもパーソナライズしたカードと ID の利点を実現するものとして採用されています。

代替方法の採用はただのコストカットではない

多くの中小企業、小売業、学校では何十年もの間、予算が厳しいまたは技術的ノウハウが限定されているために、カード所有者の写真やテキストを接着紙のラベルに印刷して基本的な ID を作成し、それをプラスチックカードに貼り付ける方法を取らざるを得ませんでした。 場合によっては、ID が重い厚紙に印刷され、標準のラミネータを通すこともあります。

悲しいことに、このような方法で作った従業員やビジター用バッジ、学生と教職員の ID、ギフトカードやロイヤルティカードはシンプルで安価ですが、真のカードパーソナライゼーションの利点は発揮されません。

インクジェットカード印刷にようこそ — 価値が高くパーソナライズしたカードを作る

幸いにも、小規模な組織であっても、インクジェット印刷の新しいアプローチを採用すれば、パーソナライズされた安全な ID カードの広範な利点を得られます。 そのようなイノベーションのひとつが HID® FARGO® INK1000 です

家庭用で好評を得たインクジェット用紙印刷のシンプルさとコストパフォーマンスが、プリンタ市場初めて、使いやすいカートプリンタでも利用可能に - 今日の中小企業や教育機関がカードのパーソナライズの可能性を最大限に発揮できるようになります。

INK1000 は非接触式カードエンコーディング機能オプションを提供するため、ドアの入室、コンピュータ/ネットワークへのアクセス、キャッシュレス自販機、ログイン時間と参加状況、またはギフトプログラムまたはロイヤルティプログラムへの参加に利用する識別情報に使われるものと同じカードを作成できます。

これまで、中小規模の組織では、高額なコストや複雑なメンテナンスの必要性から、個人向けのクレデンシャル発行の選択肢は非常に限られていました。 HID FARGO INK1000 は、この課題を解決し、手頃な価格と使いやすさで他に類を見ない業界ベンチマークを作り上げ、家庭用として普及しているインクジェット印刷の手軽さを、小売店カウンターやオフィス環境にも拡大しました。

Craig Sandness、シニア副社長、Secure Issuance & Citizen Identity の責任者

ボーダレスなメリット

高品質の社員バッジや来客用バッジ、ギフトカードやロイヤルティカード、または学生 ID や教職員 ID を高品質で印刷する必要がある、コスト意識の高い中小企業および学校に理想的。HID FARGO INK1000 は HID 専用インクジェット印刷テクノロジーを採用し、高解像度、印刷リボンまたは特殊なカードの必要性を排した真のエッジツーエッジの印刷を実現します。

Image
HID INK1000 printer

スナップインインクカートリッジは取り付けが簡単で、標準の市販の PVC カードと複合カードに準拠する、特別に調合されたインクが含まれています - 従来の複雑なリボンベースのプリンタオファリングとは違い、HID FARGO INK1000 は使いやすく保守しやすい製品です。 特別なトレーニングや専門知識は不要。初心者ユーザーでもカードのパーソナライズや印刷をすぐにでも始められます。

また、カードのデザインによっては、インクカートリッジ 1 個だけで、印刷リボンで可能な数百枚のカードを印刷できる場合があり、無駄を省き、低コストでカードをデザインできます。

詳しく調べる

 eBook を読んで HID FARGO INK1000 を詳しく調べるか、当社のブログを読んで INK1000 がどのようにカード 1 枚あたりのコストを低減できるかを知りましょう:  カード 1 枚あたりのコストを下げてカードと ID をデザインできるか?

Debbie Kappl HID グローバル部門シニアプロダクトマーケティングマネージャーであり、ID カード印刷、ホストアクセスおよび統合、B2B サプライチェーン管理および決済ソリューション分野のマーケティングハードウェアおよびソフトウェアセキュリティ技術に関して 20 年以上の経験があります。 2015 年に HID に入社する前は、U.S. Bank Attachmate Corporation の製品マーケティングおよびセールスサポート管理の両部門でシニアマーケター、製品エバンジェリスト、エデュケーターを務めていました。 ミネソタ州ミネアポリス在住。

RECENT POSTS